5/1更新★トップページ、放送局放送日時 4/30更新★インフォメーション(イベント、放送時間変更)情報 2/4更新★ストーリー(作品紹介、各話紹介) 12/18更新★キャラクター紹介 12/6更新★アートワーク(プロップデザインその他) 11/15更新★スタッフ&キャスト情報
4/25更新★原作コミック「喰霊」情報 5/1更新★DVD情報 5/2更新★「喰霊」オフィシャルマガジン「少年エース」&「喰霊」関連グッズ 毎週更新!★注目!【「喰霊-零-」超自然災害ラジオ対策室】配信中!! 4/16更新★スペシャルコンテンツ(レポート&イベント&インタビュー&その他) ★関連各社リンク ★特戦四課
「喰霊-零-」出演者・スタッフへのスペシャルインタビューや番宣映像の公開など、
さまざまな「喰霊」情報をお届けします。
諌山黄泉役 水原薫/土宮神楽役 茅原実里 インタビュー <後編>
更新日:2008.11.14

今回も前回に引き続き、諌山黄泉役の水原薫さんと、土宮神楽役の茅原実里さんにお話をうかがいました。 とても仲良しだったのに、やがて運命の決別を迎えてしまうことになる黄泉と神楽。そんなキャラクターを演じるおふたりの心境は?
お待たせいたしました! インタビュー(後編)も公開!


諌山黄泉役 水原薫/土宮神楽役 茅原実里 インタビュー

――今回、お二人はそれぞれオープニングとエンディングの主題歌を歌われていますが、そちらを収録された時の感想は?

茅原 茅原的には、自分が出演するアニメのオープニングを歌うというのは、声優としてデビューしたときから一つの大きな目標であり夢だったんです。今回それがまさに叶うことになったので、もうとんでもない意気込みで収録に臨ませていただきました。  レコーディングのときは、スタッフの方達が大勢いらっしゃっていたので、すごい緊張感の中でやっていました。

水原 私は、まさか自分がエンディング主題歌を歌うことになるとは思っていなかったんです。以前別作品でキャラクターソングを歌わせてもらったことはあるんですけど、自分の地声で歌ったこともないし、カラオケで歌うのともまた違うし、茅原さんにも「どうしよう。私自分の声で歌えないんです」とこぼしちゃったんです。本当にとにかく難しくて、自分が思う音をなかなか出せなかったですし、「ピッチ(音程)を〜」と指示されても「ピッチ(PHS)? 私、携帯の時代なんですが……」とバカなことを考えてしまうほどパニクっていました(笑)。あと、詩の内容を歌で伝えるのがこんなにも難しいということを勉強しました。ねえ、アーティストの茅原さん(笑)。

茅原 でも原作や脚本を事前に読ませていただいていたのは、主題歌を歌う上でプラスになりましたね。

水原 すごく世界観にあった歌詞でしたからね。レコーディングの譜面を見つつ、黄泉の絵を見ながら黄泉を思って歌いました。

茅原 自分が歌った、作品世界にぴったり合った歌に絵が載っかるんだよー! すごいよねー!(笑)

水原 すごいですよね。そういえば、家でICレコーダに録音しながら歌の練習をしていたとき、突然横っちょからゴキブリが出てきたんです(笑)。後からレコーダを再生してみたら、「うひゃあ!」と言いながらゴキブリと格闘しているシーンがずっと録音されていた、なんてエピソードもあります(笑)。

諌山黄泉役 水原薫/土宮神楽役 茅原実里 インタビュー

――お二人は、黄泉と神楽以外では、お気に入りのキャラクターとなると誰になりますか?

水原 私は、鵺の乱紅蓮かな〜、ペットにしたいです(笑)。

茅原 でっかいなー!(笑)餌代は……霊を食べてくれるからいらないのかな?(笑)私は「本当にああいうのが環境省にいたら怖いなあ」とか考えちゃいます(笑)。でも白叡もかわいいね。

水原 あ、他にもいた。管狐!(笑)

茅原 人じゃないじゃん! かわいいけど(笑)。人のキャラだったら……私はやっぱり黄泉ばっかり頭に浮かんでしまいますね。

水原 私もそうなると、やっぱり神楽になりますね。

――黄泉の許嫁である飯綱についてはどう思われますか?

水原 飯綱は……どうしても演じている高橋伸也さんの姿が頭に浮かんできてしまう(笑)。黄泉は飯綱のことは好きなんだけど、でも飯綱のほうが黄泉のことをもっと好きだと思うんです。(4話アフレコ現在)

茅原 紀(のり)ちゃんは若いのに、大人の包容力のある男性で、私的にもきゅんとするところがありますね。

水原 神楽だから、そう言えるのかな?

茅原 そうなのかな? でも茅原的にそのように見えるのであって、神楽はあくまで「お兄ちゃん」的な存在として見ていると思う。

水原 許嫁のお話を頂いたとき、黄泉がちょっと嬉しそうにするんですよね。「黄泉にもこういう女の子らしいところがあるんだなあ」と思っちゃいました。

茅原 黄泉が照れるところ、かわいいよね。許嫁というのはちょっと憧れますけど、私も照れるでしょうね。

水原 もし自分に許嫁という存在がいたらって思うとやっぱり照れますよね。だから、これから2人がいい雰囲気になるシーンが出てくるんですけど「どうしよう!?」って今から自分もすごく照れちゃってます(笑)。

茅原 私が気になるキャラクターと言えば、桜庭一騎もいますね。白石さんがどんな一騎を演じてくれるのかなとか、一騎を含めた原作には出てこないオリジナルキャラたちがどういう動きをするのか気になります。

水原 もしかしたら「一騎は、原作の主人公である剣輔の立場にかぶるところがある」というお話を伺ったので、神楽としては一騎のことが気になるのかも?

茅原 そうかもしれませんね。

水原 黄泉と紀之が一緒にいることになるなら、神楽と一騎が一緒にいることになるんじゃないのかな?

茅原 どうだろうねえ?(笑)でもこういう重い作品だから、飯綱と黄泉が仲むつまじくしているシーンがあると、ちょっとほっとしますね。

水原 あとやっぱり私は、諫山奈落とか土宮雅楽とか飯綱紀定とか、それぞれのキャラクターのお父さん、退魔士の大先輩たちが大好きですね。白叡解放のシーンなど鳥肌が立ってしまいました。すごくかっこよかったです。

茅原 現場がしまりますよね。「喰霊解放」って、きっと私もやることになるんだ〜(笑)。

諌山黄泉役 水原薫/土宮神楽役 茅原実里 インタビュー

――お二人は、霊感や心霊体験といったものはありますか?

茅原 残念、まったくありません!(笑)かおるんは? なんかありそう(笑)。

水原 10年くらい前、電車に乗っていたら、そばに人がいなかったのに、肩に手を置かれる感触があったんです。それ以降、その感触が何回も蘇ってくるんですよね。今日もあったんです。

茅原 えー! キャー!

水原 私の肩がおかしいのかな? でも「痛い」とかじゃないんです、手を置かれる音まで聞こえる感じなんですよ。これって何なんでしょうね。

茅原 怖いじゃないか!(笑)きっと何かいるんだね、守ってくれている人だといいね。

水原 守護霊とかだといいんですけど「ちょっとなれなれしくない?」みたいな感じもします(笑)。

茅原 なんかいいなあ、そういう話題を持っているのが羨ましい(笑)。怖いけど、こういう時にお話しできますから(笑)。

水原 あと金縛りの経験はありますね。寝ているときに、お腹を押さえつけられる感じがするとか。

茅原 ああ、わかる! それは私も何度かある! あのお腹を押される感覚は何!?(笑)金縛りに遭うと、必ずお腹を押されるんですよ。

水原 私なんか、受験勉強をしていた時期、口の中にシャーペンの芯をねじ込まれたことがあって。

茅原 嘘ぉ!(笑)

水原 寝ていたときにまずお腹を手で押されて、それから口を塞がれて、次にお腹を押さえていた手がどこかに行ったと思ったら、その手がシャーペンを持ってきて、シャーペンから芯をかちかちと出して、口の中に入れられたんですよ。そして起きたら、芯の味の感触が残っているんです。

茅原 えーっ? それ、疲れてたんじゃ?(笑)

水原 受験勉強で色々疲れていたのかも。あの時はびっくりしました。

茅原 そりゃビックリするよ、気をつけてー! 気をつけようがないけど(笑)。

――最後に、この作品の見所などを話していただけますか?

水原 私は純粋に、黄泉と神楽の姉妹愛に注目してほしいですね。

茅原 原作を読むと、神楽が黄泉を殺してしまったというお話が見えてくるんです。アニメではそれよりも過去を描いて、やがて原作のその話に繋がっていくことになるんです。この作品は「愛するものを、愛を信じて殺せるか」という重たいテーマがありまして、かおるんが言ったように、二人の姉妹愛はとても重要な要素になっています。神楽が黄泉に会ってどのように成長するのか、そして黄泉がなぜ悪霊に取り憑かれてしまうのかという、原作ではおぼろげにしかわからないところが、アニメの『喰霊-零-』で判明すると思いますので、原作が好きな方にもぜひ見ていただきたいです。

水原 逆にこのアニメを先に見ていただいてから、原作を読んでいただいてもいいでしょうね。

茅原 いろんな楽しみ方ができますね。アクションシーンも多いですし、見所満載です。

水原 お風呂シーンも多いですから(笑)。

茅原 黄泉や神楽がかわいく見えるように、脚本の細かいところまで細かく書いていただけているので、そういうところにも注目してもらえたらと思います。アニメは1話目からとんでもないギミックがあってビックリした人もいると思いますが、これからさらに楽しんでください。

水原 応援よろしくお願いします。

諌山黄泉役 水原薫/土宮神楽役 茅原実里 インタビュー

ありがとうございました。


(インタビュー:桝谷直俊)
掲載履歴
本作品はフィクションであり、登場する人物、団体名等は実在するものではありません。
(C)2008瀬川はじめ/[喰霊-零-]製作委員会